• 食べごたえ抜群のおにぎり。

    食べごたえ抜群のおにぎり。

    車で長距離移動すると、楽しみなのが高速のパーキングエリアです。

    そこでお土産やおやつを物色するのが楽しみなんですよね。

    先日も、実家まで車で帰省したので、途中パーキングによって朝ごはんを調達です。

    飲み物は、あまり特殊なものはないんですよね。

    たまにひょうたんに入った水とかありますけど、これはどうせ捨てちゃうので買いません。

    パン。

    パンは場所によっては近くのパン屋さんで焼いているものを売っている場合があります。

    残念ながら、ここはあんパンしかありませんね~。

    パンは却下です。

    では、おにぎり!

    おっと、一種類しかありませんが、大葉で牛肉の佃煮を包んでいるというばくだんおにぎりがありますよ。

    これはおいしそう。

    迷わずかごの中に放り込みます。

    これだけではなんだかさみしいな、と思い、おやつをチェック。

    作りたてのお団子や、小さな回転焼きがあります。

    が、この回転焼き、以前購入してみたらイマイチおいしくなかったんですよね。

    お団子も固かったし・・・。

    プリンがあるけど、これは車の中で食べるのは大変だなぁ。

    お、シュークリーム発見。

    おいしい卵をたっぷり使ったカスタードが詰まっている感じですね。

    小ぶりだけど結構高いな・・・。

    でも、娘のぶんと共に購入です。

    さっそく車に戻っていただきます。

    おにぎり、結構大きいですねぇ。

    具は少ないようで、がぶっといっても口に入るのはご飯と周りに巻いてある海苔のみ。

    でもこのごはん、しっかり塩味がきいています。

    これだけでもおいしいかも。

    そして中に入っている牛肉の佃煮も、柔らかくてしっかり味がついています。

    それを大葉で巻いているので、とてもさわやかな風味です。

    思った以上にご飯がぎゅっと握ってあり、これ一個でお腹いっぱいになってしまいました。

    シュークリームはまた後で・・・かな。

    ベンツEクラスエクストレイル

    叱らない子育てって本当にいいのかな。

    子育ての方法や考え方は本当に人それぞれです。

    実際、いろいろな育児書のような教育書の様なものもたくさんあり、それぞれに主張が違います。

    以前、叱らない子育てをしているという心理学者の奥様とそのご主人にお会いしたことがあります。

    絶対に手を上げない、声を荒げないという奥様の方針に、ご主人も協力しているといった感じでした。

    が、残念ながらその方針で育てられているそのお子さんは、叱られないから、どんなことをしたら人の迷惑になるか考えられないし、自分が一番の状態で育っているから、人に対して何かを譲るとか、優しくするということができませんでした。

    例えば、自分がその席に座りたいと思えば、相手が小さい子でも押しのけて座る、それを注意されると、そこで駄々をこねながら相手を押しのけていくといった感じ。

    小学校も中学年くらいで体も大きいのに、まだ幼稚園にも通っていないようなわが子に対してそれをやるので、怪我をさせないようにするのが本当に大変でした。

    ですが、その子育てを貫いているのだから、こちらに口出しする権利はありません。

    被害が及ばないうちはそのまま放置していようと思っていたのです。

    しかし、相手のご家族と一緒に入ったラーメン屋さんでついに事件が。

    わが子は小さいので、さすがに疲れて眠ってしまい、椅子にうつぶせになっていたのです。

    すると、ラーメン屋のカウンターからは見えませんよね。

    そこでおかみさんが、「もう一人いるのかな?」と声をかけたのです。

    すると、その子、「ここにいるよ」と言い、あろうことかわが子の襟首をつかみ、持ち上げようとしたのです。

    さすがに私も黙っていられません。

    その子の手をぴしっと叩いて「やめなさい!」と叱りました。

    叩かれたことがないし、悪いとも思っていないその子はきょとんとしています。

    それを最後に、お会いすることはなかったのですが、あの子がちゃんと育ったのかいまだに気になります。