• こってりクリームが最高!

    こってりクリームが最高!

    高速のパーキングで、おにぎりと共にシュークリームを購入しました。

    コンビニなどに売っているものよりもずいぶんと小ぶりですが、持ってみるとずっしりしています。

    これは期待できちゃうかも。

    娘の分と二つ買って、つぶさないように大切に車に持ち帰ります。

    先におにぎりを食べてお腹がいっぱいになったので、また後で、とは思ったのですが、できれば冷えているうちにいただきたいので、やっぱりすぐに車の中でいただきました。

    一口がぶっと行くと、中にはぎゅうぎゅうにカスタードクリームが詰まっています。

    しかも、安いうす~い感じではなく、まるでプリンでも食べているかのような濃厚なクリーム。

    卵黄と新鮮な牛乳がたっぷり使われているのがわかります。

    これはこのサイズでじゅうぶんかも、という感じです。

    最近は皮が固いシュークリームも流行っていますが、これはカスタードの水分をいい具合に吸い込んでしっとりしています。

    皮も、いいバターが使われているようで、変な脂臭さがまったくありません。

    なるほど、小さいのに一個200円近くするわけです。

    もう少し安い、普通のシュークリームも実は売っているんです。

    もちろんそれもこだわりの素材で作られたものに違いはないわけですが、このシューに比べるとやっぱり安っぽいお味が・・・。

    皮が大きいため、端っこまでクリームも詰まってないですしね。

    またこのパーキングに寄ったら買って食べようね、とシュークリーム好きな娘と約束しました。

    シュークリームと言えば、うちの近くにあるケーキ屋さんはパイシューが有名なんですよね。

    最近ご無沙汰だから、これも久しぶりに食べたいなぁって思いました。

    帰省が終わったらさっそく買いに行かなくちゃです。

    プレミオ

    子育て論いろいろ。

    今朝、新しく一年生になった同じ社宅の男の子がなんだかゴネておりました。

    理由をお母さんに聞くと、どうも水筒をどうやって持っていくかで朝からもめたらしいのです。

    それで、お母さんが悪いとすねているようです。

    正直それを見て、やっぱり出たかぁ、と思いました。

    この男の子、ちょっと前まで通っていた幼稚園は、本人が行きたくなければそれを尊重してください、無理してこさせないでください、という、子どもの意思を尊重しなさいという方針のところでした。

    なので、その日の気分で行かないということも可能。

    入学前の一年は別の幼稚園には通ったけれど、小さいころに自分が一番というような方針で育てられているため、何かあるとすべてお母さんが悪い、という風に八つ当たりをする子に育っておりました。

    もちろん、普段は特に問題ないのですが、機嫌が悪くなるとものすごく周りに八つ当たりをするので、お母さんもそれだけは気にしていたのです。

    個人的に、気になるならもう少しきちんと叱ればいいのに、とは思っておりましたが、これもその人の方針ですので、口出しもできません。

    今朝、ちょっとしたことで機嫌が悪くなったのも、本当は慣れない長距離を歩くことで疲れているのが本当の理由だと思うのです。

    ゴネれば、今まではお母さんが車で連れて行ってくれたから。

    今日も頑張れば歩かなくていいんじゃないかと思っているはず。

    今までの積み重ねが間違いなく出ている感じなのです。

    ですが、さすがにじゃあ、と車で連れて行くことはできません。

    一度許すとダメだとわかっているようで、お母さんも譲らなかったのはさすがだと思いましたね。

    でも、そうならないためにもっと前にいろいろ対処できることがあったんじゃないかな、とは思いますが。

    お母さんも子どももここが頑張りどきだと思うので、応援しつつ見守りたいと思います。